--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づけば。。。。。。

2011年10月31日 13:58

うっかりというか気にしてなかったというか。
40000HITしてました。

こないだ1マソだ2マソだって言ってた気がするんですが。
こんな場末のブログに来ていただいてる皆様。
本当ありがとうございます^^;

5マソ回ったらなにかイベントでもしましょうかね?
スポンサーサイト

【酒餅2nd】 1-144 L・GAIM Mk-2

2011年10月30日 04:53

sakemochi 034


コンペ締め切りを月末と勘違いするという大チョンボをしまして。。。。
締切日を過ぎてしまい。。。。。。。大慌てでフィニッシュさせました。
なので当初、ビネットっぽく作ろうとしてたんですが
作る時間がなくなってしまい今回は無かったことに。。。

とりあえず本体は完成しましたので公開させていただきます。





sakemochi 021sakemochi 024
sakemochi 022sakemochi 028


あまりにもヒドイスタイルを改修しつつ制作しました。
メインの改修箇所は胴体パーツ。
ここがノッペリとしすぎなんでバラバラにしてメリハリを付けました。

●お約束のS字立ち加工。
●肩関節タイミング変更。
●ワキパーツの角度変更。 などなど




sakemochi 038

頭部はキットを切った貼ったして。。。と思ったんですが
思いのほかヒドイ造形でしたので、HG サバーニャの頭部ジャンク
をベースにジャンクパーツとパテをモリモリしてでっちあげました。




sakemochi 035

塗装は筆塗りしばりでしたのであえてタッチを残しつつ
HMの重厚感を表現できれば。。。と試行錯誤しつつ
ラッカーの下地の上に水性で4層ほど塗り重ねてあります。
またアクセントとしてコーションデカールを
ドットパターンっぽく見えるように各部に重ね貼りしてあります。



素組との比較
sakemochi 021sakemochi.jpg


【パっと見、旧キットに見えない立ち姿】を目指して改修しましたが
素組(箱写)と比べるとその改修効果がハッキリとわかるかと思います。
また、関節の保持力など多々問題があったので固定モデルとして
割り切って制作した事も制作上、効果があったように思います。


最後までご覧いただきありがとうございました。
sixx : craft : garage
シン☆




酒餅2nd #3

2011年10月26日 03:45

カラコン公開&投票はじまりましたねぇ。
オレンジアゲガンが思ってたよりも好評でうれしいかぎりなシン☆です。


さてさて。思わずカラコン参加してしまった為に
潔く忘れた事になってた酒餅コン用エルガイムmk2。
アゲガン完成のアゲアゲテンションを有効利用して
塗装作業にはいりました。

頭部や背中のしょいモノなんかを含めて
全体的なバランスはこんなカンジでfixさせました。




sakemochi 010sakemochi 012
ででーーーん。いかがでしょう?

パっと見、旧キットに見えないような素立ち。
を意識してスタイル改修してみました。
なので細かい部分はキットそのままですwww
改修ポイントは胸とウェスト部分を切った貼ったして
タイミング&バランス変更。それと頭部セミスクラッチ。
他は何もしてません。それでも結構変わったと思いませんか?

んでんで塗装なんですが。
まずは溶きパテを全体に塗り塗り。
ぶっちゃけ合わせ目消しもまともにしてないんで(オイ
わざとタッチを残してテケトーに塗ったくりましたww


sakemochi 013
ちと解りづらいですがなんとなく鉄色を奥まったところに
ブラシでブシューーーー。陰影をつけていきます。



sakemochi 014
さらに最終的な仕上がりカラーの補色もしくは差し色になりそうな
カラー(今回はイエロー&オレンジ)を全体にブシューーーー。


ここまでが下地。ラッカーで塗りましたよ。んでこの先が本塗り。
筆塗り塗りします。ここからは水性カラーで塗っていきます。

なんで水性かというと、重ね塗りしていく上で下地の色を出したいとかそういう時に
シンナーでザブザブするんですけど、この時に水性だと下地が溶けない(あたりまえですが)
なので、先ほど下地で塗った鉄色やイエローなどが溶けた色の下から少しだけ見えたり、
うっすら下地が透けて見えたり。。。と偶然的なケミストリーが起こる。
。。。。。。かもしれないからですwww




んで一層目。

sakemochi 015
ブラウン系を濃淡つけて全体的に塗り塗り。
関節なんかはこの色がそのまま残る予定。

この時に完成時に影になるところは濃いブラウン。
光があたりそうなところは白っぽいブラウン。と
はなから陰影をつけて塗ったりしてます。




二層目~~~~~

sakemochi 017

ここまで来てようやく原稿のカラーが乗っかりました。
大分イメージが沸きやすくなったんじゃないでしょうか?

と。今日までの作業はココまで。
ここからさらに一層塗り重ねてからエナメルでウォッシングなどする予定。
なので、一旦完全感想させます。2日くらいおけばイイかな?
その間に別のキット手かけます。(そろそろコンコバコン。エントリしないとならないしねw)




そいでわ~~~~


GUNDAM AGE-1 NOMAL

2011年10月23日 22:11

AGE-1 img
【電撃ホビーマガジンpresents「機動戦士ガンダムAGE」カラーリングコンテスト】投稿作品
HG GUNDAM AGE-1 NOMAL [original color version]



カラーリングコンテストということで実直にカラーリングセンスのみで勝負してみようと考え
本体への改修を細かいディテアップ程度の押さえ作業しました。

TVの反応・感想はさておきw非常に好評なこのキット。
個人的には頭部があと一回り小さければベスト!と感じるものの
概ね良好なスタイル。可動も優秀で初心者にも最適と思われました。
新しい世代のガンダムファンを取り入れたい思惑がヒシヒシと伝わりますww




PA230469.jpgPA230476.jpg

■カラーリング
当初、プロタイプ的なグレーの機体にしようと作業してたんですが
塗りあがってそのあまりのカッコ悪さにボツ。シンナー風呂へ。
その反動から、暖色系の機体にしようと再度プランニングし
メインカラーを一目でSTDと色が違うことがわかるように
ブルー>>>>オレンジに変更することに決定。
オレンジを軸に暖色系でまとめて行きこのようなカラーリングに。

ただ、そのままだとアナハイムカラーや陸戦型ジムっぽい配色だったので
せめてもと四肢の端からホワイトでグラデーションをかけハイトーンを加えています。

また、差し色としてブルー系の色が欲しくなるところですが
若干、デカールにて青を入れたくらいでほとんど入れておらず
差し色がなくても上手くバランスできるか?という裏テーマへも挑んでみました。



PA230467.jpgPA230462.jpg
PA230480.jpgPA230465.jpg

■ディテール
特に目立った改修は行っておりません。スジ彫り追加すらしていなく
頭部アンテナ、バックパックウィング部に切り欠きを入れたり
スカート内側などの肉抜き部をパテ埋め、足すその部分にプラ材で
ディテ追加したくらいです。
ツインアイやライフルのスコープ部はキット付属のシールで対応しています。

あ。バックパック、バーニア部分に初めてメタパを使用してみました。
メタルバーニアはなかなか使用に壁があっておいそれと使えないんですがw
これくらいのメタパだと周りとのマッチングも含めて使いやすくてイイですね^^

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ツイッターでもお世話になっています、G PARTSさんの【ゴールドシンプルモールド】という製品ですね。




最後に投稿した写真をば。
PA230450.jpgPA230453.jpg
PA230456.jpgPA230459.jpg

こんな4枚で投稿しました。他の参加者の作品も楽しみですね^^
公開は10/25(火)から随時行われ、読者投票もあるようです。
募集期間は11/28までなので、もう一体行っちゃおうかなぁ。。。。



最後までご覧いただきありがとうございました。
sixx : craft : garage
シン☆

AGE-1 カラコン #1

2011年10月18日 03:15

AGE 012

どうにも最近更新が開いてしまいますね><

酒餅用のエルガイムをまるっと放置して
ウワサのアゲガンこと GUNDAM AGE-1 に着手してました。
既に2話まで放映され、広い意味で話題騒然なワケですがw

ま。コレはコレでイイんじゃね?(゚Д゚)

ってーのがシン☆の感想です。


宇宙世紀モノと切り離した上で単純にアニメとしては面白いんじゃないかと。
ただ!やっぱりガンダムじゃねぇな ってのはありますよww
基本、ガンダムは戦争じゃないと。。。って思いがどっかにあるんでしょうねぇ
そこだけはなんともむずがゆいんですが。

とかなんとか言っちゃってるワリには結構夢中でTVにカジりついてたりしますw




さてさて。
んで肝心のキットなんですが。既にMGやヤフオクにも完成品が
並び始め、いろんなブログでも良キットと言われてますねぇ。


AGE 001
組みやすさとか可動とか。本当スバラしいと思います。
シン☆的にはもう少し頭が小さい方が好きですが
スタイルバランスはイイんじゃないかと。

胴体を若干、大型化して。。。とか考えてたんですが
DHMのカラーコンテストのウワサを聴いて
とりあえず色替えのみで仕上げてみることにしました。
今回は改修とかは一切審査対象外。
そのカラーリングセンスのみのコンテスト。
って事だったので少し気になった部分だけディテアップ
したりはしてますが純粋に色替えのみで勝負してみます。


AGE 003
最近マイブームなアンテナ処理。

基本はフラッグ削ってウスウスピンピン!ってのがスタンダードなワケなんですが、
なんかアンテナピンピンなのってどうなの?ってシン☆は思ってまして。
一応、ガンダムって兵器なワケで、リアルな兵器(戦車・飛行機・銃)とか見ても
あんまりトンがってる箇所って見ないんですよねぇ。。。。

んなワケでフラッグを若干残しつつ、フラッグの根元にチョチョイと切り欠きいれたりしてみました。



最近マイブームその2
カンタンプラ板ディテ製造法。

先日、とある方からメールを頂きまして。
「プラ板ディテってどうやって作ってますか?」みたいな質問されたですよ。

こんな風にしてます。
知ってた。これ3年前から知ってた!って人はスルーでw

AGE 004
テキトーに切った帯状のプラ板(この写真は6mm幅)の
真ん中に0.3のタガネでスジ彫りしたものを作っておきまして。。。。。


AGE 005
お好きな長さでカット!カット!一個一個作るよりも断然ラクチンですおw
数種類幅を変えた帯プラを用意しておけばちょっとしたフレームとかの
ディテがわりかしカンタンに作れます。


話脱線しましたが、とりあえずサフりましたよw


AGE 006
AGE 007
サフって見て気づいたんですが、アゲガンのシルエットって
ガンダムMK2のソレに似てるなぁと。
細かい部分はモチロン違うんですが
肩・ヒザ・シールドなんかの形状とか
少しマッチョなカンジとか。


カラープランはしっかり頭の中で練ってあるんで
よっぽどチョンボしない限り締め切りも大丈夫だと思いますが
実際、配色だけは塗ってみないと解らない事が多いんで。。。。。

どうなることやらお楽しみに ってカンジっす。
明日・明後日には塗り終わりたいなぁ。


そいでわ~~~~


【Recent Entries】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。