1/144 HGUC リバイブ 百式

2016年09月14日 19:04


1/144 HGUC リバイブ 百式


HGUC リバイブ版百式 改修作品となります。
2.jpg
3.jpg
7.jpg
パーツ全体表面処理、面だし作業後、各部にスジ彫りなどディテールを追加しています。大きな変更箇所としては腹部パーツを完全オミットし、背骨部分のフレームを新規で制作、脇腹に大型のシリンダーを追加。それらに合わせて腰ブロックを加工し、S字立ちが決まるように改修しています。S字立ち改修するとリアスカートがズリおちてしまいがちですが、上方に移設していますので太ももに干渉することなく立たせることが可能です。
塗装はフレーム部はニュートラルグレー、ジャーマングレーをベースに調色した2色のグレーで塗り分け。外装部はスターブライトゴールドにフラットクリアでトップコート。仕上げにデカールやホログラムシートを貼りこんでいます。


5.jpg
4.jpg

IMG_8416.jpg
キット自体の出来はもちろんですが全体の面構成がおそろしくかっこよくメガシキとの差異を考慮しながらスタイリッシュな百式になっていて、MGのVer.2.0よりもこちらの方が個人的に好みでした。パネルラインを思わせるスジ彫りを追加すると美麗な面構成を殺しかねないと感じましたので各箇所にマイナスモールド的なスジ彫りを追加する程度で留めました。


説明3
説明2
説明1
細かなデカールの貼りこみと肩部分のデカールをレイヤード貼り(重ね貼り)することで解像度アップを狙ってみました。


IMG_8404.jpg
IMG_8403.jpg
大きな改修としてはNAOKIさんリスペクトということで胴体をシリンダー化しています。
ベースとなる脊髄部分のフレームを新規で制作し両脇にシリンダーを配しています。

IMG_8420.jpg
IMG_8421.jpg
また合わせて腰部分の接続の角度を調節しS字立ち化させています。単純に角度をつけて接続するとリアアーマーがズリ落ちてしまい、また足を後ろに引く際にスカートに干渉してしまうので腰ブロックを切り刻みリアアーマーの接続箇所を上方にずらして対応しています。


6.jpg


最後までご覧いただきありがとうございました。
sixx : craft : garage
シン☆

MG インフィニットジャスティスガンダム

2016年08月04日 01:04

injya111.jpg

MG 1/100 インフィニットジャスティスガンダム ガンダムアーカイブス作例 

モデルグラフィックス誌 別冊 ガンダムアーカイブスプラス SEED編 掲載作例です。
キットの良さを生かしつつ全身に渡って面調整やアウトラインの調整などを行っています。つま先の延長工作や肩軸の上方移動以外は大きなスタイル改修は行っておりません。が、各部装甲にスリットを入れ、機体の特徴でもあるメタリックなフレームがスリットから見えるように各部調整改修しております。 詳細は掲載誌面でご確認いただけると幸いです。


P8031671.jpg
P8031666.jpg
P8031674.jpg
P8031673.jpg
P8031672.jpg
P8031676.jpg
P8031678.jpg


MG バンシィノルン

2016年08月04日 00:59



MG 1/100 バンシィノルン 最終決戦仕様 覚醒Ver プレバン 塗装済改修完成品 

プレミアムバンダイより発売されていたバンシィノルン最終決戦仕様覚醒Verを使用した改修作品となります。
キットの良さを生かしつつ全身に渡って面調整やアウトラインの調整などを行っています。ユニコーン系特融の曖昧な面構成をハッキリさせることでシャープな印象になっているかと思います。
スタイル改修箇所はオーソドックスなものとなりますが、足部分の短縮加工、腕部分の短縮加工、肩軸を上方へ移動、肩パーツ大型化などが主な改修箇所で、改修と整面処理に合わせて各部にディテールアップを施しました。

また覚醒Verの特徴ともいえるクリアグリーンのサイコフレームですが、整面処理後、偏光性のゴールドパールをコートした後にクリアコーティングしてあります。見る角度や光の加減でふんわりとゴールドのサイコフレームへ変化して見えるようになっております。もちろんクリア系のオーバーコートですのでブラックライトで発光もします。

P8031661.jpg
P8031663.jpg
P8031680.jpg
P8031664.jpg
P8031660.jpg
P8031656.jpg
P8031655.jpg
P8031654.jpg
P8031651.jpg
P8031648.jpg
P8031647.jpg
P8031683.jpg
P8031681.jpg
P8031662.jpg

MG 1/100 RX78 GP03S STAMEN 

2015年01月06日 19:59

ステイメン011
【 1/100 RX78 GP03S STAMEN 】
以前製作したものを若干手直しして最撮影したものです。

ステイメン001
ステイメン002
ステイメン003
ステイメン004
ステイメン005
撮影協力:DOOVA氏

ドラッツェレスキュー【HGUC ドラッツェ】

2012年03月26日 01:45

ドラッツェ top
【ドラッツェ:レスキュー(DRA-C:Rescue)】
モデルグラフィックス ドラッツェミーティング投稿作品

モデルグラフィック5月号にてドラッツェミーティングの
掲載があったようです。というのもコチラ北海道では
2~3日発売日が遅れるのでまだ誌面じゃ確認していないんですが。。。
結構公開されてる方やMGなどに投稿されてる方もいるので
イキオイでシン☆も公開しておきます。
(シナンジュが進んでなくてネタが無いワケじゃないんだからね!!)



■全体
ドラッツェ 001
寄せ集め機体であるドラッツェならでは(?)のバリエーション機として
レスキュー(救命艇)Ver.を制作してみました。
当時のジオンの情勢を考えた時に、MSだけでなく
人員確保もままならなかったハズ。。。。
ならば人命救助に突出した機体があったのでは?
という妄想です。


ドラッツェ 002
ドラッツェ 004

ドラッツェをベースにコンテナレールを背負わせ
救助した人をコンテナへ収容し
コロニーベースもしくは母艦へ輸送。
が主な任務。

自衛手段としてのザクマシンガンは装備しているものの
基本的に輸送を目的としているため、装甲強化されたフロントスカートや
長距離移動を想定したプロペラントタンク、
コンテナ収容時の作業アームが搭載されている。



■各部詳細
ドラッツェ 030
テーマであった「寄せ集め感の表現」をより明確にするために
本体・バックパック・コンテナ・追加装備の各箇所の
ディテールの入れ方、ジャンクパーツを使い分け
で表現してみました。


ドラッツェ 023
ドラッツェ 025
ドラッツェ 016
ドラッツェ 032
ドラッツェ 019

使用したキットは
ドラッツェ
F2ザク(連邦仕様)
ジャンクパーツとして
ロトの隠し腕
アーマードコア
などです。

頭部、胴体、両腕はF2ザク
バックパックはジャンク寄せ集め
コンテナ・コンテナレールはプラ板からのスクラッチで制作。

ドラミ 02000
塗装前の状態。キット、流用、スクラッチ箇所がわかるかと思います。




■コンテナ部
ドラッツェ 020
設定を踏まえて一番重要な箇所であると同時に
一番手間のかかった箇所です。
基本的にプラ材からのスクラッチにジャンクパーツ等で
ディテールを追加して制作しました。



ドラッツェ 013
ドラッツェ 010
ドラッツェ 012
ドラッツェ 011
コンテナレールのみのシルエットも個人的に気に入っています。


ドラッツェ 009
コンテナをはずし、作業アームを延ばし、動きをつけてディスプレイする事もできます。



■塗装
ドラッツェ 018
塗装も下地にザクパーツは緑、
ドラッツェパーツはブルーと塗り分けた後、
ホワイトで塗装。ヘアスプレーを使用し
塗装ハガレを表現しています。


ドラッツェ 028
ドラッツェ 031
ドラッツェ 021
ドラッツェ 022
ドラッツェ 005
塗装後、エナメル塗料にてフィルタリングなどを行いうっすらと汚してあります。
また本体とコンテナの汚れ具合に差をつけて、頻繁に使われる(本体)と
ある程度のスパンで交換されるもの(コンテナ)を表現してみました。




2012年初の好き勝手した作品で
あーだこーだ言いながら楽しく作業できました。
まだまだ表現の部分やスキルの部分で未熟ではありますが
自分らしい思い切ったシルエットを作り出せたのでは?
と自己満足しております。

またこの作品は、いつもお世話になっている
【模型屋】さんにて展示中です。
興味のある方はお店へ足を運んで見てやってください。





最後までご覧いただきありがとうございました。
sixx : craft : garage
シン☆


【Recent Entries】