GUNDAM AGE-1 NOMAL

2011年10月23日 22:11

AGE-1 img
【電撃ホビーマガジンpresents「機動戦士ガンダムAGE」カラーリングコンテスト】投稿作品
HG GUNDAM AGE-1 NOMAL [original color version]



カラーリングコンテストということで実直にカラーリングセンスのみで勝負してみようと考え
本体への改修を細かいディテアップ程度の押さえ作業しました。

TVの反応・感想はさておきw非常に好評なこのキット。
個人的には頭部があと一回り小さければベスト!と感じるものの
概ね良好なスタイル。可動も優秀で初心者にも最適と思われました。
新しい世代のガンダムファンを取り入れたい思惑がヒシヒシと伝わりますww




PA230469.jpgPA230476.jpg

■カラーリング
当初、プロタイプ的なグレーの機体にしようと作業してたんですが
塗りあがってそのあまりのカッコ悪さにボツ。シンナー風呂へ。
その反動から、暖色系の機体にしようと再度プランニングし
メインカラーを一目でSTDと色が違うことがわかるように
ブルー>>>>オレンジに変更することに決定。
オレンジを軸に暖色系でまとめて行きこのようなカラーリングに。

ただ、そのままだとアナハイムカラーや陸戦型ジムっぽい配色だったので
せめてもと四肢の端からホワイトでグラデーションをかけハイトーンを加えています。

また、差し色としてブルー系の色が欲しくなるところですが
若干、デカールにて青を入れたくらいでほとんど入れておらず
差し色がなくても上手くバランスできるか?という裏テーマへも挑んでみました。



PA230467.jpgPA230462.jpg
PA230480.jpgPA230465.jpg

■ディテール
特に目立った改修は行っておりません。スジ彫り追加すらしていなく
頭部アンテナ、バックパックウィング部に切り欠きを入れたり
スカート内側などの肉抜き部をパテ埋め、足すその部分にプラ材で
ディテ追加したくらいです。
ツインアイやライフルのスコープ部はキット付属のシールで対応しています。

あ。バックパック、バーニア部分に初めてメタパを使用してみました。
メタルバーニアはなかなか使用に壁があっておいそれと使えないんですがw
これくらいのメタパだと周りとのマッチングも含めて使いやすくてイイですね^^

ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ツイッターでもお世話になっています、G PARTSさんの【ゴールドシンプルモールド】という製品ですね。




最後に投稿した写真をば。
PA230450.jpgPA230453.jpg
PA230456.jpgPA230459.jpg

こんな4枚で投稿しました。他の参加者の作品も楽しみですね^^
公開は10/25(火)から随時行われ、読者投票もあるようです。
募集期間は11/28までなので、もう一体行っちゃおうかなぁ。。。。



最後までご覧いただきありがとうございました。
sixx : craft : garage
シン☆

AGE-1 カラコン #1

2011年10月18日 03:15

AGE 012

どうにも最近更新が開いてしまいますね><

酒餅用のエルガイムをまるっと放置して
ウワサのアゲガンこと GUNDAM AGE-1 に着手してました。
既に2話まで放映され、広い意味で話題騒然なワケですがw

ま。コレはコレでイイんじゃね?(゚Д゚)

ってーのがシン☆の感想です。


宇宙世紀モノと切り離した上で単純にアニメとしては面白いんじゃないかと。
ただ!やっぱりガンダムじゃねぇな ってのはありますよww
基本、ガンダムは戦争じゃないと。。。って思いがどっかにあるんでしょうねぇ
そこだけはなんともむずがゆいんですが。

とかなんとか言っちゃってるワリには結構夢中でTVにカジりついてたりしますw




さてさて。
んで肝心のキットなんですが。既にMGやヤフオクにも完成品が
並び始め、いろんなブログでも良キットと言われてますねぇ。


AGE 001
組みやすさとか可動とか。本当スバラしいと思います。
シン☆的にはもう少し頭が小さい方が好きですが
スタイルバランスはイイんじゃないかと。

胴体を若干、大型化して。。。とか考えてたんですが
DHMのカラーコンテストのウワサを聴いて
とりあえず色替えのみで仕上げてみることにしました。
今回は改修とかは一切審査対象外。
そのカラーリングセンスのみのコンテスト。
って事だったので少し気になった部分だけディテアップ
したりはしてますが純粋に色替えのみで勝負してみます。


AGE 003
最近マイブームなアンテナ処理。

基本はフラッグ削ってウスウスピンピン!ってのがスタンダードなワケなんですが、
なんかアンテナピンピンなのってどうなの?ってシン☆は思ってまして。
一応、ガンダムって兵器なワケで、リアルな兵器(戦車・飛行機・銃)とか見ても
あんまりトンがってる箇所って見ないんですよねぇ。。。。

んなワケでフラッグを若干残しつつ、フラッグの根元にチョチョイと切り欠きいれたりしてみました。



最近マイブームその2
カンタンプラ板ディテ製造法。

先日、とある方からメールを頂きまして。
「プラ板ディテってどうやって作ってますか?」みたいな質問されたですよ。

こんな風にしてます。
知ってた。これ3年前から知ってた!って人はスルーでw

AGE 004
テキトーに切った帯状のプラ板(この写真は6mm幅)の
真ん中に0.3のタガネでスジ彫りしたものを作っておきまして。。。。。


AGE 005
お好きな長さでカット!カット!一個一個作るよりも断然ラクチンですおw
数種類幅を変えた帯プラを用意しておけばちょっとしたフレームとかの
ディテがわりかしカンタンに作れます。


話脱線しましたが、とりあえずサフりましたよw


AGE 006
AGE 007
サフって見て気づいたんですが、アゲガンのシルエットって
ガンダムMK2のソレに似てるなぁと。
細かい部分はモチロン違うんですが
肩・ヒザ・シールドなんかの形状とか
少しマッチョなカンジとか。


カラープランはしっかり頭の中で練ってあるんで
よっぽどチョンボしない限り締め切りも大丈夫だと思いますが
実際、配色だけは塗ってみないと解らない事が多いんで。。。。。

どうなることやらお楽しみに ってカンジっす。
明日・明後日には塗り終わりたいなぁ。


そいでわ~~~~


【Recent Entries】