【News】

【製作代行承ります】
ガンダム系を得意としておりますが、その他ジオン系や
マシーネンなども製作いたします。設定ままの製作はモチロンですが
オリジナル設定のMSや○○仕様Verでの製作など世界にひとつだけの
ガンプラも製作いたします。予算に応じた製作にも極力対応いたしますので
お気軽にご連絡いただけたらと思います。

お問合せは左下部メールフォーム、もしくは
各記事への秘コメントにてお気軽にどうぞ!

sixx:craft:garage シン☆

全日本旧キット王選手権 制作まとめ #1

2016年09月26日 16:48

夏。終わっちゃいましたね。
北海道は朝晩涼しいのを通り超えて寒くなってきました。
ごきげんうるわしゅう。シン☆でございます。

気づけば日付は9/26。タイトルにもある千葉しぼりさん主催の
全日本旧キット王選手権 開催まであとひと月と少し。。。。
毎回毎回徹夜で東京入りするのも体が悲鳴をあげる歳になってきましたので
今年こそは。。。とスケジュール管理しながら制作をすすめているところでございやす。


とは言いつつもヤフオク用の制作や依頼品の制作と平行して作業しているわけでして
煮詰まった時の気分転換にあっちこっちと手を出しつつ結局モタモタと進んでいる状況。


CsfJTXzUAAAmfP_[1]
依頼品のRWは現在こんな感じ。

もうそろそろ本腰入れないとマズイな。。。という事で依頼者さまに
了承いただいた上で旧キット選手権の制作に集中し始めたのが9月に入った頃でした。
そこから約1か月。集中して作業したおかげでずいぶんと形になってきましたので作業まとめ記事を。。。。


ちなみに今回、全日本旧キット王選手権に向けてシン☆が選択したキットは



IMG_8184.jpg
ララァスン専用モビルアーマー。

なぜこれにしたかというと。。。
[ 続きを読む ]

1/144 HGUC リバイブ 百式

2016年09月14日 19:04


1/144 HGUC リバイブ 百式


HGUC リバイブ版百式 改修作品となります。
2.jpg
3.jpg
7.jpg
パーツ全体表面処理、面だし作業後、各部にスジ彫りなどディテールを追加しています。大きな変更箇所としては腹部パーツを完全オミットし、背骨部分のフレームを新規で制作、脇腹に大型のシリンダーを追加。それらに合わせて腰ブロックを加工し、S字立ちが決まるように改修しています。S字立ち改修するとリアスカートがズリおちてしまいがちですが、上方に移設していますので太ももに干渉することなく立たせることが可能です。
塗装はフレーム部はニュートラルグレー、ジャーマングレーをベースに調色した2色のグレーで塗り分け。外装部はスターブライトゴールドにフラットクリアでトップコート。仕上げにデカールやホログラムシートを貼りこんでいます。


5.jpg
4.jpg

IMG_8416.jpg
キット自体の出来はもちろんですが全体の面構成がおそろしくかっこよくメガシキとの差異を考慮しながらスタイリッシュな百式になっていて、MGのVer.2.0よりもこちらの方が個人的に好みでした。パネルラインを思わせるスジ彫りを追加すると美麗な面構成を殺しかねないと感じましたので各箇所にマイナスモールド的なスジ彫りを追加する程度で留めました。


説明3
説明2
説明1
細かなデカールの貼りこみと肩部分のデカールをレイヤード貼り(重ね貼り)することで解像度アップを狙ってみました。


IMG_8404.jpg
IMG_8403.jpg
大きな改修としてはNAOKIさんリスペクトということで胴体をシリンダー化しています。
ベースとなる脊髄部分のフレームを新規で制作し両脇にシリンダーを配しています。

IMG_8420.jpg
IMG_8421.jpg
また合わせて腰部分の接続の角度を調節しS字立ち化させています。単純に角度をつけて接続するとリアアーマーがズリ落ちてしまい、また足を後ろに引く際にスカートに干渉してしまうので腰ブロックを切り刻みリアアーマーの接続箇所を上方にずらして対応しています。


6.jpg


最後までご覧いただきありがとうございました。
sixx : craft : garage
シン☆

RW ver.センチネル0079 #3

2016年08月22日 15:52



HMEも無事終わりお盆も過ぎ北海道の夏も終わりを迎えております。
ツイッターなんかではやれオラザクだワールドカップだ、と賑わいを見せておりますが
わたくしめは変わらずレッドなウォーリア君と戯れております。


HME時にDOOVAさん作のVer.Ka78ガンダムと並べて色々と確認し
おおよそのアウトラインはオッケイでしょう!?と一人ほくそえみ
RWの記号ともいえるアーマー部分なんかの制作に突入しております。



IMG_8310.jpg
IMG_8311.jpg
IMG_8312.jpg
膝からスネにかけてのアーマーはこんな感じに。
元々のデザイン上のアーマーだけでは少し解像度が低いかな?と思い
センチネル本に掲載されているカトキ氏が描いたフルアーマーガンダムのイラストからアイディアを拝借。

これね。
CpCT1pmVUAE9s1V[1]
膝部分のアイポイントを上方にずらすことで全体のバランスを取りつつ
センチネルの記号の取り込みや解像度アップを目指してみました。

スリッパは。。。本当に奥が深いというか。。。。。何度やってもこれじゃない感がぬぐえなくて。。。
カカト部分の段差やつま先の角度なんかはイイとこ攻めれてると思ってますんでもう少し掘り下げて行く予定です。



IMG_8305.jpg
胸アーマー。

自分の中で既存のボディにライトアーマーが付与されて、かつ火力増させた機体がRWだと位置づけしてまして
コクピットから胸ダクトまわりをカバードするアーマーをスクラッチしてみました。
胸まわりはセンチネルしかりVer.Kaしかりハッキリとその記号を確認できる箇所ですが
そこを隠すことによってセンチネル臭をスポイルしないように。。。。一応考えて制作しております。
まったく違う形状にしつつもマーク2の形状やVer.Kaニューガンの形状なんかを参考にしつつ
宇宙世紀の時間軸に沿った形状を目指しました。

IMG_8306.jpg
IMG_8307.jpg
さらにディテールを追加すれば。。。イイ感じになりそうです。

IMG_8308.jpg
またコクピットブロックが大型化したのに合わせて股間パーツにも若干の装甲を追加しています。

IMG_8309.jpg
正面から見たときの幅。こういうところが揃ってないとパッと見たときに違和感が残ったりするんで。



IMG_8303.jpg
肩部分。
設定では肩の上にフレームやパイピングを介して追加3連バーニアとカバーがついていますが
どーーーーーーにもセンチネルとイメージがかけ離れているように感じていていっその事その構造ごと再構築してみました。

Ver.Kaガンの肩は上部装甲がパカパカと開くいわゆる「肩パカ」がその記号なのですが
その「上部装甲が大型化され推進機関が内蔵されたものに換装されている」ことにしました。

IMG_8304.jpg
かつ3連バーニアもイメージと違っていたので3連もしくは大型のスラスターにする予定です。


IMG_8299.jpg
ここまで進んでようやく全体のボリュームが見えたので最終的な関節タイミングを見直しました。
以前の改修からさらにスネ部分で4mm延長、肩軸を3mm上方へ移動。


IMG_8301.jpg
IMG_8302.jpg
さらに進んで右腕のビームサーベルユニットを制作。
あくまでもシールドなどを接続するハードポイントに装着する追加武装としてデザインしてみました。

IMG_8300.jpg



IMG_8298.jpg
組み上げるとこんな感じになっております。

さて残すは左腕のバックラーシールドとバックパック。頭部の改修。
アンクルガードのシリンダーの制作ですね。今月中の完成を目指してましたが
少し難しいかな。。。このあとには旧キット選手権も控えてるので
気合いれて作業すすめます。

そいでわ~~~

HME2016

2016年08月08日 23:28



今年は例年よりも半月ほど早く開催されたHME。30周年ということで道外からのゲストも多く非常に濃い2日間でした。
あまりの濃さに写真もなかなか撮れず、、、とりあえずの写真羅列レポですが会場の雰囲気だけでもお楽しみください。


IMG_8149.jpg
IMG_8148.jpg
IMG_8147.jpg
IMG_8146.jpg
IMG_8145.jpg
IMG_8144.jpg

今年の大賞はノブ一族&ぷらギルド
圧倒的な展示数と大物キットの数々。写真にはないですがスケールモデルも多数あり、さらには
東京からのゲストの方々の作品も!吉本プラモデル部の佐藤さん(パンクブーブー)も参加!
とにかくお腹いっぱいのブース。もちろん作品のクオリティもすばらしく納得の大賞でした。



IMG_8131.jpg
IMG_8133.jpg
IMG_8134.jpg
IMG_8132.jpg
匠くんのブース。
個人卓プラスジャムロッカーって感じだったのかな?一人で展示できる
限界ギリギリの展示数を毎年コンスタントに準備・設営できるのはさすがの一言。
かつ、鼻から煙がでるほどの美麗な作品の数々。オリジンガンダム作りたくなっちゃいました。


IMG_8130.jpg
IMG_8129.jpg
30周年だったから?なのか今年は企業さんのブーズも目立っておりました。
ツールショーと銘打って各メーカーが最新のツールを展示販売していたり、新作キットの告知をしていたり。
東京の方々はそういった事に慣れているのかもしれませんが道産子にはイイ刺激。
自分もニッパー思わず購入してしまいました。
写真はそんなブースの中に普通に並べられていた横山センセ作のマシーネン。
もっとおおざっぱな仕上がり(失礼)かと思ってましたが。。。繊細な塗り。眼福。



IMG_8139.jpg
コバルトさんの作品。これおもしろかったなぁ
毎年色々話したいのに全然話せずじまいで今年も。。。。
今度、コバルト邸に襲撃かけようかな。。。




IMG_8123.jpg
IMG_8125.jpg
IMG_8126.jpg
IMG_8127.jpg
IMG_8128.jpg
旭川。羅心会さんのブース。
メンバーが協力して作ったという展示ベースは大迫力!ネオジオングをベースにしたジオラマや
ところ狭しと並べられた作品達はジャンルにとらわれず見ていて非常に楽しい卓でした。
大賞を逃して悔しかったようですが。。。来年に期待ですねwww
タカ8さんは飲みすぎ注意ですw



IMG_8117.jpg
IMG_8118.jpg
IMG_8116.jpg
IMG_8115.jpg
IMG_8120.jpg
IMG_8119.jpg
IMG_8113.jpg
IMG_8121.jpg
IMG_8122.jpg
まいどおなじみイグルーシカ。
いやホント毎度毎度のことながら独創性と作家性が入り乱れた作品群は見ていてうなりまくりで
クオリティの高さに安心感を感じつつも各メンバーさんから受ける刺激で揺さぶられるなんとも罪なブースであります。
ただし見ていてもなんの参考にもなりません。すごすぎて。ごちそうさまでした。



IMG_8161.jpg
IMG_8162.jpg
IMG_8164.jpg
IMG_8166.jpg
IMG_8167.jpg
IMG_8165.jpg
WPMCモナコ神とメルパパさんの。説明不要。
メルパパさんはこっから写真とるとイイよ!とかすげー教えてくれる。ここ見て!?とかね
以前にも紹介したことのあるブラックなんちゃら号とは今回のは違う新作だそうで。スケールが今回の方が小さいんですと。
モナコさんの大胆な展示方法もすごかったし素晴らしくかっこよかった。
お二人ともにそうなんだけど、自分の作った模型のどこがすごくてどうやって見てほしくてってのが
ハッキリ明確になっていて(もちろんそれを考慮しながら制作しているんだろうけど)そこを見てもらうための
努力をおしまないのは流石だなぁと。展示大賞。納得。



IMG_8152.jpg
IMG_8153.jpg
北の大親分POOH熊谷ブース。
基本的に作例の展示(メカニカルザクはGHL。ストフリはモデグラ別冊)でしたがそれ以外にも
漫画家さんのイラストや作品とコラボした作品も展示されていました。いがらしゆみこ先生も会場にいらしてましたね。
POOHさんの顔の広さにはいつも驚かされます。

IMG_8155.jpg
IMG_8154.jpg
あ。そうそう。POOHさんとコラボしたモデグラ作例のドダイとグフも一緒に展示してました。

IMG_8157.jpg
去年からファクトリーホールの他にアトリウムでの展示会場も増えたんですが
自然光あふれるロケーションはスケールモデルやジオラマの展示には最高の環境。
来年はアトリウム会場での参加も面白いかもしれないなぁ


ここからは道外からのお客様の作品達
IMG_8168.jpg
IMG_8169.jpg
IMG_8170.jpg
IMG_8171.jpg
SA誌ライターのTAKAさんの作品。
あにさんと共作の「桜」はみたくてたまらなかった作品。生で見れて本当によかった。
TAKAさんともご挨拶できて少しの時間でしたがお話しさせていただいて本当にうれしかった
今度は塗りの秘訣を聞かなくてわ。。。


IMG_8172.jpg
IMG_8173.jpg
IMG_8175.jpg
れみさんのマッドマックス!これ1/35?だっけかな?すげーー小さいのに
すげーーーーーーーー作りこまれてて。。。プラモ歴2年?嘘でしょ?な作品です。
ご本人とも挨拶させていただきまして。小さくて綺麗な女性で二度びっくり。



IMG_8177.jpg
IMG_8178.jpg
IMG_8179.jpg
ネットで話題のR工廠さんの作品。
老眼がはじまったシンには厳しいほどのミニマム模型。正直、船の模型って地味なイメージだったんですが
非常にすっきりさわやかな色合いが印象的でした。しかもどうやって作ってるのか全く理解不能でw
ご本人いわく「ちゅちゅっと作ってます」とか。。。うまい人はみんなそう言うんだよなぁ


IMG_8114.jpg
IMG_8112.jpg
ziggyさんの作品。
残念ながら作品だけの展示でご本人にはお会いできませんでしたがその分作品からほとばしるオーラ。。。
ziggyさんの代名詞でもある美麗な塗装を堪能させていただきました。
こういうのがいわゆる「上手い」作品なんだろうなぁすげーなぁ



最後にマーベリックさんの作品
IMG_8141.jpg
IMG_8142.jpg
IMG_8143.jpg
IMG_8151.jpg
IMG_8150.jpg
今回、急遽参戦してくれたマーベリックさん。
以前からスカイプでお話ししてたこともあってお会いできるのを楽しみにしてました。
作品はもちろんのこと、直接お会いしてお話しできたことで自分の至らなさに正直へこみましたよ。。。
これ以上ないくらいにストイックで真摯で模型愛にあふれてるナイスガイでございました。
初日のランチと2次会で色々とお話しできて本当に光栄でした。刺激うけました。



そんなシンはというと。。。
IMG_8099.jpg
こんな感じで展示させていただきました。

IMG_8101.jpg
IMG_8102.jpg
IMG_8103.jpg
今年は春から色々ありまして。。。決して言い訳ではないんですが本当に。。。もう大変で
参加もできるかできないかって感じでして。苦肉の策でひねりだした作品達であります。

IMG_8104.jpg
IMG_8105.jpg
IMG_8106.jpg
IMG_8107.jpg
IMG_8108.jpg
IMG_8109.jpg
IMG_8110.jpg
IMG_8111.jpg
アシカイクルメンバーの作品はこんな感じ。

まぁ毎年のことながら。。。なんとも展示会映えのしない展示でして
HME終了後の反省会では来年はもうすこし頑張ろうとwwwいう結論になりました。


駆け足でレポートをしてきましたがいかがだったでしょうか?
アシカイクルとして参加しはじめてから実に6回目となったHME。
都市を重ねるごとに来場者も増えなかなか会場を見て回る余裕のなくなってきてるのが現状でして
逆に言えば自分らの卓もあまり見てもらえてない可能性もあるわけでして。
その辺を考慮しつつ来年のHMEにむけてがんばっていきたいですね。

そいでわ~~

MG インフィニットジャスティスガンダム

2016年08月04日 01:04

injya111.jpg

MG 1/100 インフィニットジャスティスガンダム ガンダムアーカイブス作例 

モデルグラフィックス誌 別冊 ガンダムアーカイブスプラス SEED編 掲載作例です。
キットの良さを生かしつつ全身に渡って面調整やアウトラインの調整などを行っています。つま先の延長工作や肩軸の上方移動以外は大きなスタイル改修は行っておりません。が、各部装甲にスリットを入れ、機体の特徴でもあるメタリックなフレームがスリットから見えるように各部調整改修しております。 詳細は掲載誌面でご確認いただけると幸いです。


P8031671.jpg
P8031666.jpg
P8031674.jpg
P8031673.jpg
P8031672.jpg
P8031676.jpg
P8031678.jpg




【Recent Entries】